港区ってすごい

先日港区にある施設を視察しました。児童高齢者交流プラザっていう場所です。
http://shibaura-plaza.com/

高齢者と子どもの交流場所になってたり、学童があったり、幼保一体の園があったりといろいろな機能を備えた非常に近代的なつくりの建物でした。

おもに周辺の新しいマンション群の子育て世代が利用しているようですが、内容も素晴らしいですが、当然かなりお金がかかっています。けど、利用料をとってる訳でもなく、港区の潤沢な住民税と法人税収入が背景にあるようです。

うらやましいの一言につきますね。

at 14:53, kurachannet, まちづくり

comments(0), -, - -

子坊さん修行

今年も徳恩寺の子坊さん修行に参加しました。今年は2日目だけの参加でしたが、毎年参加している子どもたちがどんどん背が高くなったりして、1年に1度しか会わないせいか、自分が年をとっていることをとても感じました。ショック

今年はいのちのつながりについてのお話を聞いたのですが、とても良かったです。子どもたちにとっても、夏の記憶としていつまでも残ってほしいものです。

お寺のもつ教育力というのを参加するたびに感じます。もしかして教育なんていう一般的な言葉は適切ではないかもしれません。私たちは何を子どもに伝えるべきなのか、親としても、宗教から学ぶことは多いと思いますし、人の命と毎日向き合い続ける人たちの言葉にもう少し耳を傾ける必要があると感じました。

学校でも家庭でも教えられない大切なことを、子どもたちが学べる機会を作っていくことに、これからも関われたらなと思います。

at 12:47, kurachannet, まちづくり

comments(0), -, - -

なしかちゃん

青葉区のマスコットがなしかちゃんに決まったということですが、かわいいですね。正直日本のなんでもマスコットを決める風潮は好きではないのですが、このマスコットはとってもかわいいデザインだと思いました。
http://www.city.yokohama.jp/me/aoba/houdou/index2009_09.html

ということでさっそくなしかちゃんサブレも食べました。
おいしかったです。食べたい方は区役所1階で買えますよ。

at 14:19, kurachannet, まちづくり

comments(0), -, - -

銀座で講演

銀座で講演しました。久し振りの銀座、あいからわらず華やかですねー。銀座にある文祥堂が月一度いろいろな方を招待して講演を開催しているもので、そこの定期的な講演に来ている方や、銀座のミニコミ誌などを見て来られた方が来てました。

ちょっといつもと違う雰囲気で、正直関心あるのかなと最初思っていたのですが、一生懸命聞いてくれて、ノートをこんなにとりましたよって講演後に言ってくれる人もいてうれしかったです。
質問も絶えなかったので、伝わったのかなと思いました。

その後主催者の方と食事したのですが、すぐ近くに「煉瓦亭」があって、アー懐かしいと思ったり、すっかり田舎者状態でした。たまには銀ブラもしてみたいものですね。

at 10:25, kurachannet, まちづくり

comments(0), -, - -

地元でお話

今週は地元で、世代間交流のお話をしました。
住んでない町で話すのとは違って知っている人も多い中でのお話は緊張しました(汗)。
けれど、参加者からの世代間交流をしっかりとやっていきたいという思いに、とても責任を感じ、私も出来る限りの強い思いでお話をさせていただきました。

いつも講演すると、あーすればよかったとか後悔する私ですが、今回はとっても爽やかな気分でした。なんでだろう?



at 01:40, kurachannet, まちづくり

comments(0), -, - -

手作りラジオ教室

2回の予定がおわらず3回目もやってしまった小学校での手作りラジオ講座が終わってほっとしています。
今回は、自分で最初から最後までやったのでいろいろと学ぶことも多かったです。思った以上に子供たちは手作業を普段していないのではということや、使う言葉の選び方など(教師ではない素人なので)。

全員むずかしかった、けど楽しかったと答えてくれました。明らかに小学生レベルの内容ではなかったのですが、やってみて、このくらい難しいことをやると子供も集中して話を聞いてないと必ず失敗することが学べるし、難しいから出来た時の達成感が味わえると思いました。

at 11:01, kurachannet, まちづくり

comments(0), -, - -

月曜の会

今日は江田けんじさんの事務所で開かれている恒例の月曜の会に出席しました。
今回の講演は私の妻ということもあっての出席でした。テーマは主に教育の内容でしたが、普段家で二人でしている会話がそのまんま講演になったような物でしたのでみなさんがご満足して頂けたのか気がかりです。
家では二人の意見が激突することもあるのですが、今回は後ろの方でおとなしく聞いていました。
次回は参加者も交えて、二人で教育トークバトルでもしてみたいと思います。

教育というのはえてして主観的な意見に議論が誘導されやすいテーマですが、やはり客観的にそして教育原理に照らし合わせて議論をすべきだと常日頃感じます。特に教育政策や制度に関わる議員には、聞きかじりの教育論を振りかざさず、本質的な議論をすべきだと思います。




at 22:51, kurachannet, まちづくり

comments(2), trackbacks(1), - -

竹とんぼおじさん

ケーブルテレビから地域のちょっとした特技を持つ人を知らないかという問い合わせで、ご紹介した竹とんぼおじさんの取材が昨日ありました。
一部の地域で有名な竹とんぼおじさん。
私とこのおじさんはもう10年来の知り合いです。子どもたちのためにもう10年ほど竹とんぼを子どもたちと一緒につくって公園で遊んであげたりしています。最初は自治会の集会所でやった竹とんぼ作りの集まりでした。
公園はたくさんありますが、こういったふれあいの機会はなかなかありません。一生懸命竹とんぼを空高く飛ばそうとしている子どもたちを見ながら「子どもたちをとにかく褒めることが大事」という竹とんぼおじさんの言葉は、私たち子育て世代にとってとても大事な言葉のように思いました。
こんな地域で地道に活躍する人にスポットライトが当たる、そんなまちづくりが出来ればと思います。


at 09:58, kurachannet, まちづくり

comments(3), trackbacks(0), - -

要援護者の防災

今日は障害児を持つ親のグループのご招待で、災害時における対策などのお話をしました。私は災害対策の専門家ではありませんが、いくつか災害現場にいった経験もありますし、要援護者(災害時に特に助けが必要とされる外国人、高齢者、障害者など)の対策の、外国人対策について97年から東京都の活動に関わっているので、そんな知識も踏まえてみなさんと一緒に議論しました。
みなさんやはり当事者意識を強く持っている方々なので真剣に聞いて頂きましたし、防災というのはえてしてなんとかなるかなって思いがちですが、これから積極的に何かが動きそうな感じを受けました。
地域や行政との連携なども必要になってくると思いますが、今後もこのグループの活動を応援したいと思います。

at 19:47, kurachannet, まちづくり

comments(2), trackbacks(0), - -

団塊の世代

今年になって団塊世代をテーマにした記事が増えている。
2007年問題と長年言われてきたように団塊世代の最初の世代が
今年定年を迎える。
私から見た団塊世代は、一般的に言われているイメージよりも
なんと言っても価値観の幅広い世代という印象がある。
日本には多様性が乏しいと言われるが、実はその社会の中でも
世代や価値観の違いという多様性は存在する。
幅広い価値観を持った団塊の世代が地域で活躍するようになれば、
今までとは全く違ったまちづくりが出来るのではと期待している。
多様性のある社会は活力のある社会を生み出す。そして多様性
を重んじる社会は、子供の教育にとってもとても重要だと思う。
まさにそこが地域が担う教育の役割ではないだろうか。

at 23:56, kurachannet, まちづくり

comments(0), trackbacks(0), - -