障害者作業所での実習

今日は区内にある障害を持っている人達が通う作業所で1日実習をしました。喫茶店や雑貨販売もあるユニークな施設です。私はほぼ一日中、そこで製作しているハガキ(紙すきをしてつくられたもの)の材料の紙をちぎる作業をしましたが、いろいろな障害を持って通われている方々と楽しい一日を過ごしました。
障害者の問題は最終的には就労の問題にぶつかります。作業所は企業の受け皿のない中で数少ない就労の場になっていますが、その運営はきびしいものがあります。やはり地域全体でこのような作業所を支えていく必要があると思います。
お近くのみなさんはぜひこの喫茶店をご利用下さい。けど、オープンしている時間が短いのでご注意下さい。

http://www18.ocn.ne.jp/~hotkan87/

at 17:32, kurachannet, 障害者福祉

comments(0), trackbacks(0), - -