<< 東日本大震災12 | main | 東日本大震災14 >>

東日本大震災13

翌日5月4日朝、6時頃みなさんを迎えに行きました。
前日、現地で活動する吉村さんから牡鹿半島に来れる?ってことで、朝から牡鹿半島に向かいました。
途中、イカ出しもした渡波地区の道路を通りながら、相変わらず大変な匂いですが、数多くのボランティアも見ました。今回ボランティアがもっと多いかなと思ったのですが、思っほどではないなと感じました。やはり受付しないというのが影響していたんでしょう。

牡鹿半島は、西側が石巻市、東側が女川市で女川原発もある半島です。海岸線にそって、小さな漁村が点々と存在しますが、人が住んでいただろうという全ての場所が被害にあっていました。

南三陸のように広範囲に壊滅状態ではありませんが、残さず全ての漁村が被災している様子、また数多くの漁具を見ると、本当の復興はいつになるのかとても心が痛みました。



北から、荻浜小、月浦避難所、荻浜中、小網倉浜避難所、大原小、



最後に小渕浜にあるコンビニの駐車場で、ちょうど炊き出しに集まった人たちにお花をプレゼントしました。次から次へと人がやってきてかなり大変な状態でしたが、多くの方々に喜んで頂けました。少しながらも、接した多くの人から、これまでとは違った元気を感じました。もうこれ以上くよくよしてもいけない、前に進まなければという気持ちなのか、ただそこにはまだまだ深い悲しみがあるのを忘れてはいけません。

ある漁師のような40代くらいの男性が来て花を欲しいと言われて差し上げたのですが、もう一つ母に欲しいというのでもう一本差し上げました。その花をみながらしばらくそこでじっと立って男性は花を見ています。
そしてぽつりと、「お母ちゃんに花なんてやったことなかったな。」
私は「ぜひ差し上げて下さいね」と言いました。
すると男性は、「流されちゃったんだよね。」と。
しばし返す言葉が見つかりません。「捧げてあげて下さいね」というのがやっとでした。
きっと、そんなことも言わずに花を持って行った男性や女性が何人もいると思います。いつもですが、言葉は見つかりません。花を通してかろうじてコミュニケーションがとれただけでしたが、その花を通していろいろな思いを、それぞれの被災者が持ったのだと想像します。失われた命や数々の思い出に思いを巡らせたかもしれない。もし、それが少しでも被災者の皆さんの心を癒したのなら良かったと思います。
駐車場で知り合った、地元で「めぐろ」という割烹民宿をしているおじさんが、後で花を活けてくれということで、帰りに寄って、森井先生が残った花と玄関にあった壺を使って活けました。20人の人たちに避難所として民宿を開放しているおじさんとその家族と交流をしながら、またいつか民宿として再開したときにはぜひ訪れてみたいと思うそんな牡鹿半島の活動でした。





at 07:21, kurachannet, 防災

comments(0), -, - -

comment