<< 東日本大震災14 | main | 東日本大震災16 >>

東日本大震災15

朝松島のホテルを出発し、石巻に向かう、三陸道への道が渋滞していたので、急きょ奥松島からのルートを使って石巻へ。海岸線のそばのルートはことごとく壊滅的な被害を受けていた。

ドーナツとプリンの提供予定場所として、一つは石巻市内蛇田中、一つは南三陸町の南側にある半島の大指という地域の避難所へ二手に分かれていくことに。そんなに大勢いらないので、若手の4人に片付け作業をしてもらおうと、湊小に連れていった。そこで急きょ牡鹿半島の小渕浜地区にある旅館の片付けに行って欲しいということに。食材を積んだ私の車でいくとドーナツの炊き出しに間に合わなくなるので、そこにいたコーゼンさんが連れていってくれることになりました。コーゼンさんとは初回来たとき以来の再会です。

蛇田中のプリンチームと分かれて、ドーナツチームを一路大指へ。途中海岸線のでこぼこ道やじゃり道を2時間近くかけて走りました。
ちょっと早すぎたので、しばしゆっくりと準備しているとお昼に避難所の方が牛丼とパスタサラダを出してくれて、すごくおいしくて感動しました。1 時ころそろそろあげようという時間になって、私は朝牡鹿半島に行った若手4人を迎えに行かなければならず、残念ながらドーナツの様子は見ることができませんでした。(その後聞いた話だとかなり思うようにいかなかったとか。まあそういうこともありますね。)

石巻市街を抜け牡鹿半島の南の小渕浜へ約2時間。旅館「後山荘」に3時15分ころ到着。一生懸命建物の外で洗い物や片付けをしていました。前回お花を生けた旅館のすぐ斜め前にある旅館ですが、こちらは被害も大きく、なかなか手が付けられなかった片付けができてとても助かったようでした。


そこから一路横浜へ途中国見サービスエリアで他のメンバーと合流し、11時30分ころ自宅に到着しました。この日総運転時間は12時間。疲れましたー。

at 07:51, kurachannet, 防災

comments(0), -, - -

comment