<< 生涯学習ネットワークフォーラム | main | 藤が丘地区センターでの講座第三回と第四回 >>

東日本大震災22

 もう何回目になるのか、おそらく今年最後の
被災地での活動に向かった。週末で、しかも
東北地方の高速無料化にも関わらず道はすいていて
思いのほか早くいつものPAに着いたことに驚いた。 


今回はクリスマスリース教室。
一日目いつもの林業センターにて開催。
15組程度の親子がリース作りに挑戦。
いつも子供が楽しんだりはしゃいだりしているが
今回はお母さんたちも真剣にリース作りに
挑戦したが、見慣れたお母さんたちの違った表情が
微笑ましかった。




二日目は、鹿妻地区のおちゃっこというサロンで
開催。少ない人数ながらも、大きな被害を受けた
地域にぽつぽつと残された住宅からサロンに向かって
くる人を見てなんだかホッとした。それくらい人が
住んでいると思えないような場所である。
「こんなに集中して楽しんだの久しぶり」って
誰かが言ってました。

サンタが被災地の子供たちにも公平に訪れる
ことを切に願います。
いや、今年は不公平にどこよりもたくさんの
プレゼントを抱えて被災地に訪れることを
切に願います。

at 17:12, kurachannet, 防災

comments(0), -, - -

comment