<< 防災の日 | main | 神社のお祭り >>

消防署のイベント

週末、娘と消防署のイベントに行ってきました。

救急車の中を見せてくれていろいろと説明してくれました。
それから簡単な心臓マッサージと、AEDの講習を受けました。

私は高1のころから定期的に救急の講習を受けています。初めて日赤の講習を受けたときは、クラブの終わった後、大人たちに交じって日赤本部で講習を1ヶ月ほど受けたことをよく覚えています。当時はとても厳しくて、テストはないと言っていたのに結局最後にテストがあり、大人達の会話に入れずムダ話をせずに勉強したおかけで、50人近い参加者の中で合格した10数人の一人になりました。

今日の発見は今年になって心臓マッサージの回数が15回から30回になったということです(人口呼吸2回と交互にやります)。私が初めて講習を受けたときはたしか5回でした。息の吹き込み方も、最初の頃よりは随分変わっています。救急の技術はどんどん進化しています。いざという時に命を救うというためにはこうした最新の技術をつねに学ぶということが大事だと思います。

AEDの講習は初めてでしたが、とても大事な機器だと思います。現在急行の止まる駅や、公的な施設には設置が進んでいるそうですが、パチンコ店にもあるケースが多いようです(心臓発作とか倒れる人が多いらしい)。

今日一番驚いたのは青葉区に救急車が3台しかないということ。実際今日講習受けている時に道を東京消防庁の救急車が走ったので聞いてみたら、東京や川崎の応援を受けているらしいです。30万人に3台はないだろうと正直驚きを通り越して呆れる感じでしたが、開港150周年記念事業なんかやらずにこういうことにお金を使って欲しいものです。

みなさんも、救急とAEDの講習はぜひ受けて下さい。家族を救うのはあなたです。

at 10:44, kurachannet, 防災

comments(1), -, - -

comment
あんどう, 2007/09/22 1:30 PM

講習、その時は覚えたつもりでも、忘れちゃうんですよね。
いざと言う時役に立たなければならないのに、また実践はなかなか出来ません。
また講習があるときは是非教えて下さい!!